2018 FIA F2 シーズンレビュー

2018年のFIA F2は、ジョージ・ラッセル(ART、17年GP3チャンピオン)が前年のシャルル・ルクレールに続きルーキーイヤーでタイトル獲得。同じくルーキーのランド・ノリス(カーリン、同FIA F3チャンピオン)が2位、参戦2年目のアレクサンダー・アルボン(DAMS)とニック・デ・フリース(プレマ)が3、4位に続き、本命・対抗と目されたドライバーが期待通りの活躍を見せたシーズンでした。

“2018 FIA F2 シーズンレビュー” の続きを読む